上海ディズニー旅行記 #002…入園前の過ごし方

2016.10.25(火)
9~19時営業 ※仕組みが特殊なので別記事で

7:20 市内ホテルに宿泊したので
メトロで【迪士尼(ディズニー)駅】到着
f:id:redletter:20161103003931j:plain

エント前
ウィリーの噴水でお出迎え!!!
f:id:redletter:20161103004847j:plain
f:id:redletter:20161103193348j:plain
f:id:redletter:20161103193415j:plain


初めてのハロウィンイベント
開催時期だったのですが
f:id:redletter:20161103004340j:plain



この日は火曜日でイベント該当なしのため
プロップスのみ…
f:id:redletter:20161103004508j:plain


まだ入園列は短かったので
パーク隣にある【迪士尼小鎮】(Disney town)へ

f:id:redletter:20161103193637j:plain

東京で言うイクスピアリのような存在。
日本のアウトレットモールのような、住宅展示場のようなつくり。
道幅も広くてすっきり。
f:id:redletter:20161103193818j:plain


一番奥にパークと行き来できるゲート
f:id:redletter:20161103193849j:plain
東京のパークの位置で例えると
ジャングルクルーズの辺りと
イクスピアリが直結しててすぐ外に出られるみたいな感じ。

ひとつずつのお店自体はまだ開いてなかったけれど、
小道を歩いてショーウィンドウを見たり
f:id:redletter:20161103194025j:plain
f:id:redletter:20161103194132j:plain
f:id:redletter:20161103194159j:plain
f:id:redletter:20161103194219j:plain
f:id:redletter:20161103194704j:plain

HWのパネルを探したり
f:id:redletter:20161103194740j:plain


f:id:redletter:20161103194758j:plain

f:id:redletter:20161103195416j:plain

f:id:redletter:20161103194921j:plain

お散歩して開園を待ちました。

トイレ利用可能でした。綺麗です。
おそらく中国でもおのぼりさん?系のおばちゃん達がたくさんいた。
トイレで手を洗ったあと私がダイソンの風が出るハンドドライヤーに手をかざして手を乾かすと、
使用方法に気がついたようで、わーっと集まって珍しそうにやいやいはしゃいで手を乾かしてたのがかわいかった!w
(開園当時ワイドショーで濡れた足を乾かしててニュースにしてたのここのトイレかも)

8:00少し前に、列も延びてきたので入園待機列に並びます。
f:id:redletter:20161103195029j:plain

この日は曇時々雨の予報で
黒い雲で空が暗くなり皆が天候を心配してると、待機列に商魂たくましいおじさんが現れて雨合羽を売り歩き始めます。
外袋入りの既製品なんだけど、その場で着だした人を見たら、
ゴミ袋に首元を切ったような感じ。袖口にゴムもない。舞浜の華舞とバナナの夏を思い出した。
コインを数枚渡していたのでほんと数十円程度のクオリティのかっぱかな。

それと自家製の赤ドットのミニーちゃんカチューシャを数本手に持って見せびらかして来る人もいた。
駅からパークに向かうときもチラシ配りのように転々と立ってた。
警備員は一か所にかたまって喋っていたので、暗黙の住み分け状態でしたw

それがどちらも四方から手が伸びて、みんな意外と買ってた。
版権と私有地に関しては確かに罰するべき敵なんだけど、
ゲストの欲しいもの(黒い雲が心配)、
タイミング(ゲート前に売店がない)、
値段(通り雨だけやり過ごせる品質で充分)をちゃんとわかってる。

痒いところに手が届くような登場だったから、
商売人としてはぼったくりと言うよりも中国では水準が高額のディズニーより庶民の味方寄りなのかなとちょっと違った見え方だった。